私は次男の主人と結婚したのでいずれはマイホームを持ちたいと考えていました。

しかし子供が次々に3人も生まれて小さいアパートで細々と暮らしていました。

主人はのんびりな性格であまり貯金とか節約とか興味もなく絶対に家なんて自分たちには無理なんだろうなってあきらめていました。

クレジットカードを、自分が持っている金額以上に使う生活を5年ほどして、金銭感覚が見事に狂ってしまい、毎月支払いに追われる生活を強いられました。

とはいえ、最初のうちは毎月の支払い額が高くとも、全てを犠牲にしてまでも払って居ました。

しかし、先輩に「リボ払い」の存在を教えてもらい、先輩自身、カードローンが80万はあるけど、生活出来ているという言葉を聞いた途端、一気に安心をして、生活が厳しくなる程の支払い額になると、全てリボ払いにしてしまいました。

うちの夫は今まで個人事業主でした。

いい時は1000万以上売り上げとしてはありましたが、支払う額も多く、税金も多く、次の年に収入がなければ税金地獄で貯金も消えていきます。

でもまぁ借金する事もなくぼちぼち暮らしていました。

一人暮らしの引っ越しがあり、予想以上に引っ越しの見積もりが多かったため、大半の家具の買い替えを決意しました。

引っ越してから、近くの家電量販店や家具屋にて、家具などをクレジットカードで買ってしまいました。

買い始めると、自分に必要以上の機能を持った家具や家電を購入していました。

私は小さい頃から歯が弱く、小学生で前歯が4本差し歯となっていました。

大人になるとその差し歯と歯茎の間があいてしまい、目立つようになってしまいました。

しかし親が折角無理して入れてくれた高い差し歯を入れ替えることに対して罪悪感があったのです。当時は我が家はどちらかというと貧しい家庭で、いつでも節約と我慢をしていました。

1人暮らしを始めた大学生の頃の話です。

県外の大学に進学した私は、親元を離れ一人暮らしをしていました。学費は親に出してもらっていたので、せめて家賃など生活費は自分で稼ごうと、学校とアルバイトを往復する日々でした。

飲食店でアルバイトをしていた私ですが、その日は団体のお客さんが多く、いつまでたっても仕事が終わらず残業が長引きヘトヘトになっていました。

結婚後、旦那が私に隠していた消費者金融数社の返済があったため、あまり生活に余裕はありませんでした。

それでも毎月返済していかなければならないので、貯金は二人の収入ではほぼ出来ていませんでした。

結婚前に車も新車で購入してしまったので、そのローンの返済もあります。そんな中、主人の会社が倒産してしまいました。

私は昔、両親からお金を借りたことがあります。その原因は私がとても馬鹿なことをしたせいです。

私は大学時代に友人との付き合いのためにさんざん散財しました。友人たちに合せるためにブランド品を買いあさりまくったのです。

というのも私の周りに女性たちは金持ちのお嬢さんばかりでした。私はそんな中で浮きたくはなかったのです。

私は、昨年末に10年勤めていた会社をリストラされ、現在無職と言う立場にあります。

直ぐに再就職の活動を開始しようと思いましたが、少しは生活するだけの貯蓄があった為、正月明けまでダラダラ過ごすのも頑張ってきた自分へのご褒美と思い再就職の活動をしませんでした。

そんな甘えた生活を繰り返している中、ついに貯蓄も怪しくなり、いざ再就職を行おうと思った矢先に自分の不注意による交通事故にあいました。

そして、軽い手術と回復するまでの入院費。高額医療の申請を行っても病院への支払いは現金で20万円程度となりました。

私は6歳と1歳の子育て中の主婦です。一人目の妊娠を機に仕事を辞めました。

アミューズメントの接客業であったため、重い物は持てないし、大きなお腹で接客するのも無理がある...そんな理由から辞めざるをえませんでした。

主人のお給料はあまりに低い...。そして貯金もほぼない。そんな状態でしたので、私が仕事を辞めるのは生活ギリギリ...もしくは破綻を意味していました。

子どもにお金がかかって仕方ありません。主人とは15年ほど前に離婚して、女3人の家族です。

私と長女22歳は働いています。私は看護士、長女は美容師です。次女もこの4月から美容師として働く予定ですが、計画通りに行っていません。

4月から3人で働くことになるから経済的に楽になると思っていたのですが、予定が狂ってしまいました。次女は美容師の国家試験に滑ってしまったのです。  

主人が就職退職のくりかえしで、挙句ニートになってしまったことがありました。

私も働いていましたがもともと2人で働くことで生活を支えていたため、生活していくことが困難になりました。生活していくためにお金が足りない。

まず地方銀行に30万円の融資のお願いをしました。すぐに連絡が来て私では審査に通りませんでした。主人は自分は絶対審査に通らないからとクレジットカード類も作っていません。

もともと、一生懸命仕事をする正確だったので、お金はそこそこ持っていました。

ですが、車に興味が出始めてからは車ばかりを買っていました。そんなことから、お金がなくなってしまいました。

仕事はしているので、完全にお金がなくなることはありませんでしたが、なにかあったときには困ると思っていました。

私は風俗が本当に大好きです。もうかれこれ20年は通い続けています。

なぜそこまでハマっているかというと、今までロクに女性に相手にされない人生を送ってきたからだと思います。

そんな中で風俗に通って、商売だとは言え、体も許してくれる女性の存在が生きていく支えになっていたのだと思っています。しかし、昨年、その風俗が命取りとなりました。

どうしても就職したくなかった私は、大学を卒業して、すぐにフリーランスで仕事をはじめました。

web関連の仕事で、当時としては目新しさもあり、はじめはなんとか生活していけるレベルにはなっていました。

しかし、次第に同業者が増えて飽和状態になり、仕事の単価も安くなり、モチベーションも下がっていき、貯金を切り崩す生活となりました。

 私のお金を借りた体験記を申し上げます。私は親にお金を借りましたが、いまだに返していません。

借りた理由は、アパートの家賃が払えずにたまっていってどうにもならなくなって泣きつきました。自分でも恥ずかしいとは思っていますが、本当に生活が一人で出来なかったのです。

理由の第一は、自炊生活が出来ないので外食を一日二食していました。

家を新築しようと思いましたが、土地と建物だけで5000万円します。

頭金と住宅ローンで4500万円はまかなえましたが、500万円が不足しています。そのため、両親に500万円プラス引越し費用など100万円の合計600万円を借りました。利息はなしで、毎年20万円を支払っています。

銀行などの金融でも、年収ベースで貸出可能金額が算出されるので、それ以上は借りることができませんでした。両親から借りることで、利息の心配はないのですが、返済までに長い年月がかかるのです。

家を新築しようと思いましたが、土地と建物だけで5000万円します。

頭金と住宅ローンで4500万円はまかなえましたが、500万円が不足しています。そのため、両親に500万円プラス引越し費用など100万円の合計600万円を借りました。

利息はなしで、毎年20万円を支払っています。銀行などの金融でも、年収ベースで貸出可能金額が算出されるので、それ以上は借りることができませんでした。

私はこれまでずっと中古車ばかりを乗り継いできました。

一度も新車を購入したことはなかったのですが、つい最近、どうしても欲しいと思える最初の車に出会いました。

今まで車については、とりあえず乗ることができれば何でもよいという感じで、あまり執着するようなことはなかったのですが、生まれて初めて特定の車をいたく気に入ってしまったのです。

親に借金をして、現在返済中です。賃貸用の一軒家屋を購入したい、と思っていました。

物件のチラシを見ていたら、「お金貸そうか?」と親が言ってきた時は冗談かと思いましたが、その後、貸す気持ちが本気だとわかり、借りる事にしました。今はその物件を賃貸に出し、家賃収入をそのまま親に返済しています。金銭消費貸借は取り交わしませんでした。

金利はこれと言って払っていませんが、食事の買い物に連れて行って、と言われて、食費を私が清算している位です。毎月初めに定額を返しています。

私は、浪費症です。

以前は、学生でも作れるカードがあったので、カードを複数枚作って、自分の趣味やショッピング、友達とのランチ代に使っていました。

けれども、限度額が50万円位でしたので、1枚のカードでは、すぐに借りることが出来なくなってしまいます。

普通は結婚する前には借金は綺麗にしておくのが普通ではないでしょうか?

それが、彼は違いました。

プライドが高い彼氏でした。女性の私に情けない姿を見られるのが嫌だったのか、それとも騙しとおせるとでも思っていたのでしょうか?

彼は私の今のダンナです。

マイホームを実現したくて結婚した時から資金をこつこつと貯めていました。

ある程度貯まったのですが、どうしても欲しい物件が4千万円しますので手が届きません。親に相談すると、500万円出してやろうと言ってくれました。これを頭金に当てて8月に取得しました。

消費税が上がる前に買った方がいいだろうと親も進んでお金を貸してくれました。

私の夫は工場で仕事をしているのですが仕事中に足を怪我をしてしまい、1ケ月入院したことがありました。

危険な仕事ではないのですが、度々怪我をして入院することが多いんです。

今回も入院をする事になったのですが、一ヶ月も入院するということで、入院費は会社が負担してくれるのですが給料が基本給しか出ないので、生活が一気に苦しくなりました。

私は現在妻に頭が上がらない状況なのですが、これには原因があります。実は仕事のミスで損金を出してしまい、個人で補填する必要に迫られたのです。しかし、お金をどう用立てするかが問題でした。

当時私には貯蓄がなかったのです。妻からは銀行や消費者金融のローンを提案されましたが、実は私は過去に返済で事故を起こしており、どこのローンも組めない状況だったのです。これは妻には内緒でした。

生活費をパチンコですってしまったため、お金を借りました。

今考えると、なんで生活費をつぎ込んでしまったのだろうと馬鹿みたいですが、負けてしまうと何とか取り返そうと、そればかり考えてしまっていました。

お金を借りる経緯で、パチンコからは足を洗うことはできました。

生活費がないので、何とかしなければと思い、消費者金融でお金を借りることにしました。

お金を貸す事があっても借りる事がなかった人生を送っていたのですが、先日初めてお金を借りてしまいました。ちなみに28歳です。

借りた相手は消費者金融とかではなく両親から。

どうしてもまとまったお金が必要になってしまい急遽借りる事に。

消費者金融と違って利息などはないのですが、気まずさがとてもありました。